痛風予防にアンセリンがおすすめ!話題のサプリはこれ

痛風に良いアンセリンとは?

動物というのは筋肉があるのですが、この筋肉にはペプチドといわれるものも含まれています。そのペプチドの一種になっているのが、アンセリンといわれる成分となっており、アミノ酸が2種類結合したものとなっています。鶏肉やサメ、さけ、カツオ、マグロなどに豊富に含まれているのですが、元々は旨味成分がある成分だということで活用されてきました。

 

カツオやマグロのように常に泳いでいる魚というのは、筋肉が引き締まっていることから、このアンセリンは運動能力に対しても作用をもたらしているのではないかということで細菌研究が行われています。

 

そして、本格的にアンセリンの研究をしたところ、抗疲労作用や尿酸値を低下させる作用、抗炎症作用、活性酸素の除去、血圧の低下があることが分かりました。

 

特に、カツオやマグロに含まれているアンセリンには、尿酸値を下げる作用があるというのは、とても注目されました。そのアンセリンに以前から注目し、研究を行ってきたのが、焼津水産化学工業です。

 

以前は鳥胸肉から抽出したアンセリンを商品に使用していきましたが、鶏肉の場合、アンセリンとの構造に共通している部分があったため、高純度のアンセリンを作ることが難しかったです。そして、カツオやマグロであれば高純度のアンセリンを作り出すことができることが分かり、マグロなどから抽出したアンセリンを商品化しています。

 

痛風時は入浴を控える

 

痛風の症状が出やすいのは、足の親指の第一関節周辺です。足の親指に痛風の症状が現れてしまうと、靴を履くときも痛みを感じますし、歩くなんて無理だっていうくらい強い痛みを感じるようになります。ですから、痛風の症状によって痛みを感じている間は、病院で治療をしてもらうようにしなくてはならないでしょう。

 

大体の場合、痛風の症状が現れて3日くらいで、だんだん痛みが軽減されるのですが、その間が非常に強い痛みになってしまいます。外に出歩くこともできないくらいの痛みになってしまいますから、自宅にいるときに少しでも痛みが和らぐような方法を実践したいと考える人も多いのではないでしょうか?

 

その痛みが和らぐ方法として、イメージとして出てきやすいのは、入浴をするという方法ではないでしょうか?リウマチなどになってしまった時に、患部を温めることによって、痛みを軽減させることができるとされているため、痛風でも有効だろうと思っている人もいると思います。

 

ですが、痛風の症状が出ている時に入浴をするというのは、症状を悪化させてしまう原因になりかねません。むしろほぼ絶対に症状が悪くなってしまいますから、痛風の症状が出ている時には入浴をしないようにしてください。

 

尿酸値が上昇して、尿酸が関節などに溜まってしまうことによって、炎症が起きてしまい、痛風になってしまいます。この尿酸値の上昇が、痛風の原因と言えるでしょう。尿酸値を下げて痛風を改善するためにも痛風に良いサプリの力を借りることも大切です!

 

入浴をしたら、体が温まるわけですから、汗が発生します。すると、体の中にある水分が蒸発してしまうことになりますから、水分不足の状態になります。そのため、尿酸の濃度が高くなってしまい、さらに尿酸値が上昇してしまうことになるのです。

 

尿酸値がさらに上がってしまうのであれば、当然痛風による痛みだって強くなってしまいます。ですから、お風呂で温めて改善させようと思っていたのが、実は逆効果になってしまうということになるのです。

更新履歴